親知らずとは

「親知らず」とは、前歯から数えて8番目にある奥歯のさらに奥の歯のこと。永久歯が生え揃ってしばらく経った10代の後半ごろから生えはじめます。

現代人は顎が小さく歯がすべて生え揃うスペースが狭いため、斜めだったり横を向いたりして生えることも多く、一部分以外は歯ぐきに埋まったまま、というケースも。トラブルの原因になりやすいので、抜いたほうがよい場合も少なくありません。

親知らずを抜いたほうがよい場合と、抜かなくてよい場合

抜いてしまうことが多い親知らず。しかしながら、すべてのケースで抜歯が必要かと言えばそうではありません。なぜなら将来他の歯を失ってしまった時に、移植などで活用することができるからです。以下では、親知らずを抜いたほうがよい場合、抜かなくてよい場合の目安をご紹介します。

親知らずを抜いたほうがよい場合
  • 周囲の歯に圧力をかけて歯並びを乱してしまう場合
  • 親知らずやその周辺の歯がブラッシングしにくいため、むし歯や歯周病を招きやすい場合
親知らずを抜かなくてもよい場合
  • まっすぐに生えている場合
  • 親知らずやその周辺の歯もきちんとブラッシングできる場合

ご自身での判断は難しいため、最終的には専門医師の判断が必要になります。気になることがあれば、お気軽に当院までご相談ください。

抜いた親知らずは移植することもできます

歯の移植について

「歯の移植」とは、親知らずなどの不要な歯を抜いて、むし歯などで歯を失ってしまった場所に植える処置です。自分の歯でしか行えない治療法で、正式には「自家歯牙移植」と言います。自家歯牙移植は自分の歯を活かすことができるだけでなく、天然臓器の移植なので身体にも優しい処置と言えるでしょう。

どのような時に移植できるの?

抜歯後の注意点について

  • 抜歯をする時は麻酔をするので痛みを感じません。唇や頬の内側などを噛まないように気をつけてください
  • 抜歯後は出血がありますが、血のかたまりが組織の再生を促します。強いうがいなどで流してしまわないようにしましょう
  • 抜歯した日は激しい運動や飲酒、長時間の入浴は控えましょう
  • 痛みがある場合も冷やし過ぎず、処方された抗生物質や痛み止めを正しく服用してください
  • 抜歯した部分は清潔に保ち、舌や指でできるだけ触らないようにしましょう

親知らずでお困りの方は、お気軽に当院までご相談ください 03-3503-1182

テヅカ歯科クリニック facebook

  • ページ上部にもどる